野菜の上手な保存方法

野菜の保存方法・おいしい食べ方をご紹介します

野菜の保存方法・おいしい食べ方をご紹介します

野菜は生ものなので、お早めにお召し上がりいただくことが一番ですが、一度では食べきれないこともあるでしょう。

そんな時ご活用いただける、野菜の特性に合わせた保存方法・美味しい食べ方をご紹介いたします。

野菜を美味しく保存する
長ネギ
小松菜
春菊
水菜
にんじん
ホウレン草
大根
いんげん
ゴーヤ
長ネギ
保存方法 風に弱いので、新聞紙などに包んで冷蔵庫の野菜室や涼しいところに保存してください。
食べ方 汁やそばの薬味に使う時は、小口切りにしてふきんに包み、流水の下でもみ洗いをすると辛みが和らぎます。
小松菜
保存方法 小松菜は、ほうれん草に比べて日持ちが悪いので、購入したその日のうちに使い切りましょう。数日間保存しておく場合は、根元を水で湿らせたキッチンペーパーで包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するか、固めに茹でて冷凍保存すると良いです。
食べ方 サラダ、和え物、おひたし、炒めもの、つまみ菜、汁の具など、いろいろ重宝する万能野菜です。
春菊
保存方法 軽く湿らせたキッチンペーパーなどで包み、更にポリ袋に入れ、できれば立てて冷蔵庫に保存してください。軽く茹でて冷凍保存も可能です。
食べ方 アクがほうれん草の1/25なので、鍋物によく利用されます。おひたしや、生で食べることもできます。
水菜
保存方法 傷みやすいので長く保存はできません。軽く茹でてから冷凍すると長期保存できます。
食べ方 臭みのない淡白な味わいと歯ざわりが特徴です。和え物、鍋物、サラダ、汁物、煮物など幅広く使われています。
にんじん
保存方法 乾燥に弱く、黒ずみやすいため、夏場はポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存してください。
食べ方 カロチンは油に溶けやすい物質です。バターや油と一緒に調理すると、カロチンの吸収利用が促進されます。きんぴらや精進揚げなどは理にかなった食べ方です。
ホウレン草
保存方法 ほうれん草は、葉から水分が蒸発してしおれやすいので、 ぬれた新聞紙にくるんで保管します。
食べ方 ほうれん草のゴマあえは、ビタミンAや葉酸が豊富に摂取できると知られています。おひたし、胡麻和え、バター炒めなど様々な調理方法があります。他にはサラダもオススメです!
大根
保存方法 菜付きの大根は、買ってすぐに菜を切り落としてください。適当な長さに切った後、密封し、冷蔵庫に立てて保存してください。
食べ方 大根おろし、サラダ、繊切りにして刺身のつまなどに使われるほか、浅漬け、おでんやブリ大根などの煮込み料理、味噌汁の具などとして幅広く使われています。
いんげん
保存方法 いたみが他のいんげんに移りやすいので、いたんでいる部分は取り除き、ラップに包んで冷蔵庫へ。保存するときは新鮮なうちに茹でて、冷蔵庫、または冷凍庫で保存してください。
食べ方 ゆで 加減、煮加減によって、サラダや煮物、和え物、炒めもの、汁の実、揚げ物など、和洋中華料理にまた漬け物として粕漬けにと幅広く利用できます。
ゴーヤ
保存方法 水気を切りラップに包み、冷蔵庫で保存します。
食べ方 ゴーヤは、塩もみをすることで苦味を抜くことができます。ツナで和えたり、豚肉と一緒にチャンプルーする調理方法が主流です。

お問い合わせはこちら

有限会社北総ベジタブルは、千葉県で有機農法で栽培した野菜の卸・販売を行っております。
出荷状況の確認や農作物の販売をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。
個人の方への販売や体験農業のご相談も承っております。

FAX:0479-78-0064

info@hokuvege.com

営業時間:9:00〜17:30(定休日:日曜日・年末年始)
FAXの際は「ホームページを見た」とお書きください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

有機野菜・無農薬野菜の北総ベジタブルへのお問い合わせはこちら
このページのトップヘ
野菜紹介 Grown outdoors
採用情報
野菜の上手な保存方法
有機は”土づくり”が命
農家の食卓
農夫たちのつぶやきブログ
JAS
JGAP

種からお客様への出荷まで履歴を仔細に記録し、安全性を確認することが可能です。私たちの確かな安心をお届けいたします。

<表示推奨ブラウザ/OS>
・Windows 2000,XP,Vista
・Microsoft Internet Explorer 7.0
・文字サイズ 中